家づくりをお考えの方へ!ウォークインクローゼットをご紹介します!

こんにちは!

家づくりスマイルサポーター 小林です。

syatyousyasin.bmp

「新築にウォークインクローゼットを設置したい」
「ウォークインクローゼットのメリット・デメリットを知りたい」
このようにお考えの方は多いでしょう。
そこで今回は、ウォークインクローゼットのメリット・デメリットと、設置するときのコツをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□ウォークインクローゼットのメリット・デメリットについて

はじめに、ウォークインクローゼットのメリット・デメリットをご紹介します。
大事なのは、メリット・デメリットを把握して、その上で設置するかどうか考えることです。

メリットは4つあります。

1つ目は、ものをたくさん収納できることです。
ウォークインクローゼットは、1つの小さな部屋と言っても差し支えないです。
そのため、収納スペースも広く、服やものが多いご家庭でも安心して収納できます。

2つ目は、寝室に設置すると便利なことです。
ウォークインクローゼットは寝室やその隣に設置するご家庭が多いです。
これは、衣類の取り出しや着替えのときに手間がかからないなどのメリットがあるためです。
また、季節外れの掛け布団や布団乾燥機、暖房器具なども収納できます。

3つ目は、大きな荷物を収納できることです。
たとえば、スーツケースや布団、テーブルなどを収納できます。
ウォークインクローゼットは、他の収納スペースより高さや奥行きを確保できるため、大きな荷物でも安心して収納できます。

4つ目は、クローゼット内で着替えができることです。
寝室に家族がいても気兼ねなく着替えられます。

デメリットは2つあります。

1つ目は、広いスペースが必要になることです。
ウォークインクローゼットを設置するにはそれなりのスペースが必要です。
2~4帖ほどのスペースは確保した方が良いでしょう。
ウォークインクローゼットを設置することで、部屋数が少なくなったり、他の部屋のスペースが狭くなったりする場合は検討し直した方が良いでしょう。

2つ目は、通路やコーナー部分がデッドスペースになることです。
ウォークインクローゼットには通路スペースが設けられます。
この通路部分にはものを収納できないため、デッドスペースになります。
また、L字型などのウォークインクローゼットのコーナー部分は、デッドスペースになりやすく、ものの収納や取り出しがしにくい可能性が高いです。

□ウォークインクローゼットを設置するときのコツとは?

ウォークインクローゼットの設置を考えている場合は、以下の2点を押さえておくと安心です。

1つ目は、除湿設備を整えることです。
服や布団は、虫やカビの害を受けやすく、湿気を排除できる環境が必要です。
窓や換気扇の設置を検討しましょう。
また、除湿機を設置するためにコンセントを配置するのもおすすめです。

2つ目は、ハンガーパイプと棚のバランスを検討することです。
バランスが取れていないと、収納不足に陥り後悔する可能性があります。
家族の人数やライフスタイルの変化を考慮して、パイプや棚の高さや数を変更できるタイプの収納にするのも良いでしょう。

□まとめ

本記事では、ウォークインクローゼットのメリット・デメリットをご紹介しました。
また、ウォークインクローゼットを設置するときのコツもご紹介しました。
本稿が皆さんのお役に立てれば幸いです。
草加市、川口市、越谷市周辺で新築マイホームをお考えの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

それでは、また

PageTop