無垢フローリングの黒ずみとは?お手入れ方法をご紹介します!

こんにちは!

家づくりスマイルサポーター 小林です。

syatyousyasin.bmp

無垢フローリングは自然の温もりや質感を感じられ、床材の中でも特に人気が高いです。
しかし、長く使用していくと黒ずみが発生します。
そこで今回は、黒ずみが発生する原因やお手入れ方法をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□無垢フローリングの黒ずみとは?

*黒ずみが発生する原因

黒ずみはなぜ発生するのでしょうか。
原因として多いのが「水」です。

黒ずみは、窓際や、キッチンや洗面所などの水回りでよく発見されます。
無垢フローリングが水にさらされたり、染み込んだりすることで、木材が変色し黒ずみとなります。

*黒ずみの適切なお手入れ方法

染み込んだ黒ずみは取り除くのが難しいです。
では、黒ずみをきれいに取り除くにはどうすれば良いのでしょうか。

一番効果的なのは削ることです。
紙やすりなどを用いてサンディングしていきます。
やすりの目の粗さは、黒ずみの度合いによって選びます。

やすりで黒ずみが取れてきたら再塗装をしていきます。
ここで重要なのは、前回の塗装と同じ塗料を使用することです。
例えば、自然塗装(オイル塗装)でオスモカラーを使用している場合は、再塗装もオスモカラーを使用しましょう。

塗料をよく混ぜ、一度アルミホイルなどに刷毛を試し塗りしてから塗装を行います。
再塗装後塗料をしっかり乾燥させれば完了です。

削っても黒ずみを取り除けない場合は、カビによる黒ずみの可能性が高いです。
カビは根深く浸透しているので注意が必要です。

□黒ずみ以外の汚れやキズのお手入れ方法をご紹介!

ここまで、黒ずみの主な原因やお手入れ方法をご紹介しました。
無垢フローリングには、黒ずみ以外の汚れやキズも発生します。
ここでは、油ジミとキズ・へこみのお手入れ方法をご紹介します。

食事のときや調理中にはねた油を放置してしまうと、油ジミとなります。
油ジミは奥まで染み込むと落ちなくなるので、気づいたときに即座に落とすようにしましょう。
油ジミには、石鹸が有効です。
雑巾やスポンジを使ってこすれば落ちます。

また、ものを落としてできたキズやへこみは、固く絞った濡れタオルをキズ・へこみの上に置いて、上からアイロンを当てることで修復できる場合があります。
これは、水分を吸水すると膨らむ木の性質を利用しています。

□まとめ

本記事では、黒ずみが発生する原因やお手入れ方法をご紹介しました。
また、黒ずみ以外の汚れやキズのお手入れ方法についてもご紹介しました。
本稿が皆さんのお役に立てれば幸いです。
草加市、川口市、越谷市周辺で新築マイホームをお考えの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

それでは、また

家づくりをお考えの方へ!ウォークインクローゼットをご紹介します!

こんにちは!

家づくりスマイルサポーター 小林です。

syatyousyasin.bmp

「新築にウォークインクローゼットを設置したい」
「ウォークインクローゼットのメリット・デメリットを知りたい」
このようにお考えの方は多いでしょう。
そこで今回は、ウォークインクローゼットのメリット・デメリットと、設置するときのコツをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□ウォークインクローゼットのメリット・デメリットについて

はじめに、ウォークインクローゼットのメリット・デメリットをご紹介します。
大事なのは、メリット・デメリットを把握して、その上で設置するかどうか考えることです。

メリットは4つあります。

1つ目は、ものをたくさん収納できることです。
ウォークインクローゼットは、1つの小さな部屋と言っても差し支えないです。
そのため、収納スペースも広く、服やものが多いご家庭でも安心して収納できます。

2つ目は、寝室に設置すると便利なことです。
ウォークインクローゼットは寝室やその隣に設置するご家庭が多いです。
これは、衣類の取り出しや着替えのときに手間がかからないなどのメリットがあるためです。
また、季節外れの掛け布団や布団乾燥機、暖房器具なども収納できます。

3つ目は、大きな荷物を収納できることです。
たとえば、スーツケースや布団、テーブルなどを収納できます。
ウォークインクローゼットは、他の収納スペースより高さや奥行きを確保できるため、大きな荷物でも安心して収納できます。

4つ目は、クローゼット内で着替えができることです。
寝室に家族がいても気兼ねなく着替えられます。

デメリットは2つあります。

1つ目は、広いスペースが必要になることです。
ウォークインクローゼットを設置するにはそれなりのスペースが必要です。
2~4帖ほどのスペースは確保した方が良いでしょう。
ウォークインクローゼットを設置することで、部屋数が少なくなったり、他の部屋のスペースが狭くなったりする場合は検討し直した方が良いでしょう。

2つ目は、通路やコーナー部分がデッドスペースになることです。
ウォークインクローゼットには通路スペースが設けられます。
この通路部分にはものを収納できないため、デッドスペースになります。
また、L字型などのウォークインクローゼットのコーナー部分は、デッドスペースになりやすく、ものの収納や取り出しがしにくい可能性が高いです。

□ウォークインクローゼットを設置するときのコツとは?

ウォークインクローゼットの設置を考えている場合は、以下の2点を押さえておくと安心です。

1つ目は、除湿設備を整えることです。
服や布団は、虫やカビの害を受けやすく、湿気を排除できる環境が必要です。
窓や換気扇の設置を検討しましょう。
また、除湿機を設置するためにコンセントを配置するのもおすすめです。

2つ目は、ハンガーパイプと棚のバランスを検討することです。
バランスが取れていないと、収納不足に陥り後悔する可能性があります。
家族の人数やライフスタイルの変化を考慮して、パイプや棚の高さや数を変更できるタイプの収納にするのも良いでしょう。

□まとめ

本記事では、ウォークインクローゼットのメリット・デメリットをご紹介しました。
また、ウォークインクローゼットを設置するときのコツもご紹介しました。
本稿が皆さんのお役に立てれば幸いです。
草加市、川口市、越谷市周辺で新築マイホームをお考えの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

それでは、また

家づくりをお考えの方へ!パントリーのメリット・デメリットをご紹介!

こんにちは!

家づくりスマイルサポーター 小林です。


パントリーとは、キッチンの一部またはキッチンに隣接している、食品や食器を収納するためのスペースのことです。
今回は、パントリーを設置しようかお悩みの方へ、パントリーのメリット・デメリットやパントリーがおすすめなご家庭の特徴をご紹介します。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□パントリーを設置するメリット・デメリットをご紹介!

*パントリーを設置するメリット

パントリーを設置するメリットは以下の3つです。
1つ目は、まとめて保管できることです。
常温で保存できる食品やキッチンで使用する消耗品を一か所にまとめて収納できます。
特に、週末にしか買い物に行けないので、まとめ買いをするという方には重宝されるでしょう。

2つ目は、整理整頓しやすいことです。
パントリーに整理整頓して収納できれば、キッチンがすっきりとして、広々と調理できます。
また、後片付けや掃除などの作業も効率良くこなせます。

3つ目は、収納したものを探しやすいことです。
使用頻度が高いものと低いものを区別して収納できるのもパントリーの魅力です。
棚をオープンにしたり、透明や半透明の収納ボックスを活用したりすることで、ひと目でものの位置がわかります。

*パントリーを設置するデメリット

パントリーを設置するデメリットは以下の2つです。
1つ目は、スペースを確保する必要があることです。
パントリーにある程度の面積を使う分、キッチンが狭くなってしまいます。
パントリーを設置する場合は、キッチン内での作業に支障がでないように、十分な作業スペースを確保することが前提となります。

2つ目は、費用がかかることです。
パントリーを設置する場合、棚や収納ケース、内装などにお金がかかります。
パントリーを設置する際にかかる費用を用意できるか、じっくり検討する必要があります。

□パントリーはどのようなご家庭におすすめ?

メリット・デメリットは分かっても、本当に必要なのか悩まれる方は少なくありません。
パントリーを作るかどうかは、ものの多さやライフスタイルをポイントに考えるのがおすすめです。
参考として、以下のご家庭はパントリーの設置がおすすめです。

・家族が多い
・まとめ買いをよくする
・ストックが多い
・リビングからキッチンが見えやすくキッチンに物を置きたくない
・災害に備えて保存食などのストックをしたい

□まとめ

本記事では、パントリーのメリット・デメリットやパントリーがおすすめなご家庭の特徴をご紹介しました。
本稿が皆さんのお役に立てれば幸いです。
草加市、川口市、越谷市周辺で注文住宅をお考えの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

それでは、また

家づくりで吹き抜けを検討中の方へ!吹き抜けのメリット・デメリットをご紹介!

こんにちは!

家づくりスマイルサポーター 小林です。

「新築に吹き抜けを設置しようか迷っている」
「吹き抜けのメリット・デメリットには何があるのかな」
このようにお考えの方は多いでしょう。
そこで今回は、吹き抜けのメリット・デメリットをご紹介します。
草加市、川口市、越谷市周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□吹き抜けのメリットとは?

下層階の天井部分を取り除いて上層階とつなげた吹き抜けには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
それぞれ以下で解説していきます。

吹き抜けのメリットは以下の4つです。
1つ目は、開放感があることです。
空間が縦に広がっている吹き抜けは、面積を増やすことなく開放感のあるリビングを演出するのに最適な間取りです。

2つ目は、採光性に優れていることです。
吹き抜けのある間取りでは、二階の高さにある窓から差し込んだ日差しが吹き抜けの下の階まで届きます。
そのため、日当たり条件があまり良くない土地でも、容易に明るい部屋が実現できます。

3つ目は、風通しが良いことです。
吹き抜けがあることで空気が上下に抜けて循環するようになり、家の中の風通しが良くなります。
窓の位置を工夫すれば、より通風効果が期待できます。

4つ目は、リビング階段と相性が良いことです。
吹き抜けは、人気のリビング階段との相性が非常に良いです。
どちらの間取りも、コミュニケーションの取りやすい空間が欲しいという方や、開放的な空間にしたいという方におすすめです。

□吹き抜けのデメリットとは?

吹き抜けのメリットは以下の3つです。
1つ目は、冷暖房効率が悪いことです。
仕切られた間取りと比べると、吹き抜け空間は冷暖房効率が悪くなります。
また、暖かい空気は上昇するため、寒くなりやすいです。

2つ目は、二階のスペースが狭くなることです。
二階部分の床を抜いて吹き抜けにするため、その分の二階のスペースは狭くなります。

3つ目は、音やにおいが広がりやすいことです。
一階と二階がつながっているため、通常の間取りより一階のテレビの音や料理のにおいが二階まで届きやすいです。

□まとめ

本記事では、吹き抜けのメリット・デメリットをご紹介しました。
本稿が皆さんのお役に立てれば幸いです。
草加市、川口市、越谷市周辺で注文住宅をお考えの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

それでは、また