注文住宅における見積書の種類と確認すべきポイントをご紹介します!

こんにちは!
家づくりスマイルサポーター 小林です。

syatyousyasin.bmp

「注文住宅の見積もりはどのように行うのかな」
「見積もりを依頼する際のポイントについて知りたい」
このようにお考えの方は多いでしょう。
今回は、注文住宅における見積書の種類と、見積もりでチェックすべきポイントをご紹介します。
草加市、川口市、越谷市周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□注文住宅の見積書の種類について

注文住宅の見積書は、主に2種類あります。
それは、概算見積書と詳細見積書です。
それぞれについてご説明します。

*概算見積書

おおよその材料の数量や金額を仮定して施工費用を予測したものが概算見積書です。
建物を基本設計している段階や図面が未完成の段階に短期間で作成されます。

施工会社を選ぶ際や大まかな予算を把握したいときに用いられます。
見積もりの項目内容や書式は会社によって異なります。
正確性にはやや欠けるため、概算見積書だけで契約を決めることは避けましょう。

*詳細見積書

時間や手間をかけてより具体的な費用を計算したものが詳細見積書です。
決めた図面をもとに、使用する材料の種類や数量等を決めて細かく提示されるため、正確な見積書と言えます。

詳細見積書は、依頼する施工会社を1つに絞る時に参考になります。
また、詳細見積書を確認することで、住宅ローン借入額や頭金を決定しやすくなります。

□注文住宅の見積もりでチェックすべきポイントとは?

注文住宅の見積もりでチェックすべきポイントは以下の3つです。

・提示した要望や条件がきちんと反映されているか
依頼主の要望や条件が反映されていないと、後々のトラブルにつながります。

・項目に抜けはないか
注文住宅の見積書で抜けがあった場合、あとで加算される可能性が高いため、忘れずにチェックした方が良いです。

・工法や使用する材料に関する詳細な記載があるか
専門的な内容が多いと思いますが、わからない部分はしっかり質問して疑問点を解消しておくと良いでしょう。

大切なのは、疑問に思った部分や不備があると思った部分は遠慮せず質問することです。
後々のトラブルを回避するためにも、ぜひ積極的に質問・相談してみてください。

□まとめ

本記事では、注文住宅における見積書の種類と、見積もりでチェックすべきポイントをご紹介しました。
本稿を参考に家づくりをしていただければ幸いです。
草加市、川口市、越谷市周辺で注文住宅を建てたいとお考えの方は、お気軽に当社までご相談ください。

それでは、また

PageTop