注文住宅をお考えの方へ!頭金についてご説明します!

こんにちは!
家づくりスマイルサポーター 小林です。

syatyousyasin.bmp

住宅ローンについて考える際、必ず耳にするのが「頭金」という言葉です。
頭金は住宅ローンの返済計画に大きく影響します。
今回は、頭金について概要や決め方をご紹介します。
注文住宅をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□頭金とは?

注文住宅や住宅ローンについて考え始めたばかりの人の多くは、頭金と言う言葉を聞いたことはあっても、どのような費用のことなのかあまり理解できていないでしょう。
頭金とは、住宅ローンを利用する際に一部代金を先払いし、ローン総額から差し引く費用のことです。
たとえば、注文住宅費用が4000万円の場合、頭金を1000万円支払えば住宅ローン借入額は差し引いた3000万円となります。

頭金の占める割合が多いほど、総借入額は減ります。
また、ローン返済時の利息も減ります。

では、頭金はいくら用意しておくのが良いのでしょうか。
ご家庭によって世帯収入や生活費などが異なるため、一概には言えませんが、住宅金融支援機構の調査によると、住宅の総費用に対し、頭金は平均で19.4パーセントとなっています。
そのため、総費用の20パーセント分を目安に考えてみると良いかもしれません。
具体的な頭金の決め方については次章でご説明します。

□頭金の決め方とは?

繰り返しとなりますが、頭金は世帯収入や生活費、養育費などを考慮したうえで算出していくことが大切です。
頭金の算出に失敗しないためには、以下でご紹介する手順を参考にしてみてください。

はじめに、毎月の住宅ローンの返済額を決めます。
ローンの毎月の返済額は、収入の手取りの1/4程度が目安になります。

次に、借入金額や注文住宅の価格を検討します。
ローンの返済額を決めたら、借入金額を算出してください。
金利や返済期間を何年にするかで総返済額は変動します。

最後に、必要になる頭金を算出します。
希望する注文住宅の価格と借入金額に応じて頭金を計算しましょう。
算出された頭金を工面するのが難しい場合は、頭金なしでの資金計画の立て直し、借入金額の見直し、もしくは注文住宅の内容自体の調整が必要です。

□まとめ

本記事では、頭金について概要や決め方をご紹介しました。
本稿では頭金をご紹介しましたが、注文住宅を建てる際には、土地購入費や仲介手数料等も必要ですので、これらの支払いについても考慮して考えてくださいね。
草加市、川口市、越谷市周辺で注文住宅をお考えの方は、お気軽に当社までご相談ください。

それでは、また

PageTop