注文住宅をお考えの方へ!お風呂を選ぶときのポイントを紹介します!

こんにちは!
家づくりスマイルサポーター 小林です。

syatyousyasin.bmp

注文住宅をお考えの方で、お風呂を選ぶときのポイントについて知りたい方は多いでしょう。
そこで今回はお風呂を選ぶときのポイントについて紹介します。
ぜひお役立てください。

□注文住宅のお風呂を選ぶときのポイントとは?

お風呂の選び方で迷ってしまう方は、いらっしゃるでしょう。
そこで注文住宅のお風呂を選ぶときのポイントを2つ紹介します。

1つ目は、色です。
色は人の心に影響を及ぼします。
そのため、お風呂の時間をどのように過ごしたいのかによって選ぶべき色が異なります。

例えば、お風呂に開放感が欲しい方は、膨張色である白を選ぶと良いでしょう。
高級感を出したい方は、ダークカラーで個性的な空間にすると良いでしょう。

2つ目は、浴槽のタイプです。
浴槽の種類は豊富で、さまざまな形や特徴のものがあります。
例えば、浴槽を広々と使えるワイド浴槽や、S字の形になっているSライン浴槽、タマゴ型浴槽などです。
お風呂をより快適にするために、ご自身のお好みの浴槽を選ぶと良いでしょう。

□お風呂を設置する際の注意点とは?

お風呂を設置する際の注意点を2つ紹介します。

1つ目は、北側にお風呂を設置する場合についてです。
家を建てる際は、日当たりの良い南側にリビングを設置して、キッチンやお風呂などの水回りを北側に設置する方が多いでしょう。
そのため、北側にお風呂を設置すると効率の良い家事動線ができるメリットがあります。

ただ、北側のため浴室に日が入りにくくなり、湿気が溜まりやすいです。
湿気が溜まりやすいと、カビが生えやすく浴室の寿命が短くなってしまいます。
浴室の寿命を長くするために換気しやすい設計にしたり、こまめに掃除したりするように注意すると良いでしょう。

2つ目は、2階にお風呂を設置する場合についてです。
2階にお風呂を設置すると、お風呂掃除や洗濯機を回す際に毎回2階に行く必要があります。
1階と2階を往復するため、負担がかかりやすくなります。

また、浴室は音が伝わりやすいため、下の階に音が響く可能性が高いです。
そのため、2階にお風呂を設置する場合は間取りや防音について工夫する必要があります。

□まとめ

今回はお風呂を選ぶときのポイントについて紹介しました。
お風呂を選ぶ際は、色や浴槽のタイプにこだわって決めることがおすすめです。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ本記事を参考にしてください。
また、草加市、川口市、越谷市周辺で家づくりをお考えの方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

それでは、また

PageTop