マイホームを建てる際に必要な資金とは?どのくらいの費用がかかるのか紹介します!

こんにちは!
家づくりスマイルサポーター 小林です。

syatyousyasin.bmp

「マイホームを建てる際に必要な資金について知りたい」
このような考えをお持ちの方は、いらっしゃるでしょう。
そこで今回はマイホームを建てる際に必要な資金を紹介します。
ぜひお役立てください。

□マイホームを建てる際に必要な資金とは?

マイホームを建てる際に必要な資金は、大きく分けると住宅にかかる費用、頭金、諸費用の3つです。

*住宅にかかる費用

マイホームを建てる際は、住宅にかかる費用があります。
一戸建ての平均購入価格は、新築物件が約3,900万円から4,000万円です。
どのような家を建てるのかによって異なりますが、3,900万円から4,000万円ほどを目安にすると良いでしょう。

*頭金について

頭金は住宅にかかる費用の中に含まれます。
マイホームを建てる際は住宅ローンを組む方が多いですが、頭金の金額によって返済額が変わります。
頭金については、住宅価格の10パーセントから20パーセントを目安に準備すると良いでしょう。

*諸費用について

諸費用は印紙税や登記費用、火災保険料などが含まれています。
その他にも、引っ越し代や家具や家電製品などの費用がかかります。
諸費用は人それぞれ異なるため、どのくらいになるのか計算することがおすすめです。

□住宅ローンの返済計画を立てるときの注意点とは?

住宅ローンの返済計画を立てるときの注意点を3つ紹介します。

1つ目は、無理のない返済額を把握することです。
早く完済したいと思い、月々の返済額を無理すると生活が苦しくなる可能性があります。
そのため、自分や世帯の収入に占める返済額の割合を確認することが重要です。

2つ目は、自分に合った金利タイプを選ぶことです。
住宅ローンの金利には、変動金利と固定金利があります。
変動金利は、借り入れ後に経済情勢の変化によって金利が変わります。
低金利が続けば良いですが、金利が上がる可能性もあるため、注意する必要があるでしょう。

固定金利は、経済情勢が変化しても金利が変更されません。
ただ変動金利と比べると金利は高めです。
このように2つの金利があるため、自分に合った金利タイプを選ぶことをおすすめします。

3つ目は、適切な返済期間を考えることです。
返済期間を長くすると、利息が多くなってしまいます。
逆に返済期間を短くすると、毎月の支払い額が大きくなってしまいます。
そのため、将来的なライフスタイルをしっかり考慮して返済期間を決めると良いでしょう。

□まとめ

今回はマイホームを建てる際に必要な資金を紹介しました。
マイホームを建てる際に必要な資金について理解していただけましたか。
草加市、川口市、越谷市周辺でマイホームをお考えの方は、ぜひ本稿を参考にしてください。
また、マイホームの資金について相談したい方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

それでは、また