注文住宅を建てるときにおすすめの階段の間取りを紹介します!

こんにちは!
家づくりスマイルサポーター 小林です。
syatyousyasin.bmp
「階段の間取りで悩んでいる」
「注文住宅でおすすめの階段の間取りを知りたい」
このような考えをお持ちの方は、いらっしゃるでしょう。
そこで今回は注文住宅を建てるときにおすすめの階段の間取りを紹介します。

□階段の種類とは?

階段の種類を4つ紹介します。

1つ目は、直階段です。
直階段とは、真っ直ぐ上っていく階段です。
直階段を儲けるには広さと長さが必要ですが、リビングと玄関の間に設置すると生活空間と来客空間を分けられるでしょう。

2つ目は、かね折れ階段です。
かね折れ階段とは、踊り場で90度曲がっている階段です。
踊り場があるため、落下した時の危険性が直階段よりは低いでしょう。
また、かね折れ階段を吹き抜けにすることで、開放感を出す方法もあります。

3つ目は、折り返し階段です。
折り返し階段とは、途中で踊り場を設けて180度折り返す階段です。
踊り場があるため、かね折れ階段と同様に落下した時の危険性は低いでしょう。

4つ目は、螺旋階段です。
螺旋階段とは、螺旋状に上っていく階段のことです。
円柱状であるため、直線の階段よりもスペースを使わないメリットがあります。

□注文住宅を建てるときにおすすめの階段の間取りとは?

1つ目は、家の壁に沿った階段です。
一般的に多く利用される階段の間取りです。
見た目に安定感があることに加えて、空間を最大限に活用できます。
そのため、空間を最大限活用したい方におすすめです。

2つ目は、家の中央部に配置した階段です。
建物の中央に配置することで、アクセントになります。
また、スケルトンの階段にすると圧迫感がなく、おしゃれな階段になるでしょう。
そのため、おしゃれな空間を実現したい方におすすめです。

3つ目は、家の隅に設ける階段です。
建物の角に折り返し階段を設けると、すっきりとして落ち着いた雰囲気を出せます。
また、階段下に収納を設けられます。
そのため、無駄なスペースを収納場所に変えたい方におすすめです。

当社では家族が安心して快適に暮らせる家づくりを提供しております。
草加市、川口市、越谷市周辺で階段の間取りに関して相談したい方は、お気軽にご相談ください。

□まとめ

今回は注文住宅を建てるときにおすすめの階段の間取りを紹介しました。
家に求めるものによって、おすすめの階段の間取りは異なります。
階段の間取りでお悩みの方は、ぜひ本記事を参考にしてください。
また、階段の間取りに関して詳細を知りたい方は、ぜひ当社までお問い合わせください。
それでは、また