マイホームの契約の流れとは?契約時の注意点も併せて紹介します!

こんにちは!
家づくりスマイルサポーター 小林です。
syatyousyasin.bmp
草加市、川口市、越谷市周辺でマイホームを検討中の皆さんは、契約の流れについてご存知ですか。
契約時には注意点を踏まえて円滑に進めることが大切です。
今回は、マイホーム契約の流れと注意点について解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□マイホームの契約の流れとは?

憧れのマイホームを実際に契約するとなると、どのような流れで進めていくのか詳しくわからない方も多いでしょう。
ここでは、4つのステップに分けて解説します。
ぜひチェックしてみてください。

まず1つ目のステップは、申し込みです。
交渉を始める上での最初の手続きのことで、物件を契約する権利を得られます。
そして、申し込み時には証拠金として1から10万円程度の支払いが必要な場合が多いです。
それゆえ、事前に準備しておくと良いでしょう。

また、複数の購入希望者がいる場合もあります。
その際には、申込順によって物件契約の優先順位が決定します。
それゆえ、購入の意思が固まった際には早めに申し出るようにすると良いです。

2つ目のステップは、住宅ローンの事前審査です。
申し込みと同時に住宅ローンの事前審査を受けるようにしましょう。
事前審査で、どの金融機関に住宅ローンいくら借りられるのか確認します。
もし事前審査に通らない際には、契約に進めません。
そのため、資金計画については検討しておくことが重要でしょう。

3つ目のステップは、重要事項説明です。
宅地建物取引主任者から物件や売買契約の条件について詳細な説明をしてもらいます。
その際には普段聞き慣れない難しい文言を耳にするかもしれません。
わからないことはすぐに質問して、疑問点を解消するようにしましょう。

4つ目のステップは、売買契約です。
契約時には契約成立の証拠として購入物件価格の5%から10%にあたる金額を手付金として支払う場合が多いです。
支払いに困らないように事前にお金を用意しておきましょう。

□マイホームの契約時の注意点について

ここでは、契約時の注意点を2つ解説します。

まず1つ目は工事の追加や変更に関して適切な判断をすることです。
細かいことは契約後に詰める流れになって、工事を追加したり、変更していったりしたら、費用が思ったよりも高額になってしまうということもあります。
それゆえ、プランは契約前に事前に細かく決めておくことをおすすめします。

2つ目は、工事の遅延が起こることを想定して余裕を持つことです。
工事の遅延によってスケジュールが遅れることは多々あります。
それゆえ、多少遅延が生じても影響が少ないように余裕を持ってスケジュールを組むことが大切です。

□まとめ

今回は、マイホーム契約の流れと注意点について解説しました。
申し込みから売買契約までの一連の流れを把握しておきましょう。
また、契約時の注意点として工事の追加や遅延に対して柔軟に対応しましょう。
それでは、また

PageTop