決めることの順番とは?注文住宅をご検討中の方必見です!

こんにちは!
家づくりスマイルサポーター 小林です。

皆さんは注文住宅で決めることの順番をご存知でしょうか。
家づくりでは決めることが多く、だんだん辛くなってしまう方も多くいらっしゃると思います。
そのため、今回は注文住宅で決めることの順番をご紹介します。

□準備期間に決めることをご紹介!

まずは、家づくりに関する決めることをご紹介します。
理想の家のイメージを固め、おおよその間取りや家の形状などを決める必要があります。
大まかなスケジュールを決め、資金計画を立てて予算を決めることも必要です。
施工会社を決め、仮契約も行いましょう。

次に、住宅ローンに関する決めることをご紹介します。
住宅ローンの借り入れをする金機関を決める必要があります。

最後に、土地探しに関して決めることをご紹介します。
理想の土地について条件を決め、土地購入の予算を決める必要があります。
その後、土地を購入しましょう。

理想の家を作りたいと考え出してから、実際に家づくりの準備を始め、施工をお願いする会社と契約を結ぶまでの期間は、平均3ヶ月〜半年程度です。
そのため、焦らずひとつずつ進めていきましょう。
特に土地を持っていない方は、早めに土地探しをスタートさせて家を建てる土地を決めないと、家の完成がどんどん遅れていくので気をつけてください。

また、住宅ローンについてもこの時期から考え始めましょう。
住宅ローンの借り入れには審査があります。
本審査は正式な契約が締結した後になりますが、借入金額によっては本審査で落ちてしまう可能性もあります。
早めに準備を始めて、本審査に備えるようにしましょう。

□注文住宅で大切なことをご紹介!

注文住宅で大切なことは、ご家族と優先順位を決めることです。
マイホームに対する理想を全て叶えることは困難でしょう。
そのため、後悔を少しでも減らすには、ご家族の希望条件をまとめ、優先順位を決めておくことが大切です。
玄関を広くしたかったり、リビングを南向きにしたかったり、書斎が欲しかったり、近所に大きな公園が欲しかったりさまざまな意見が出てくるでしょう。

住まいに対する要求は、大まかに間取りや設備、立地や環境の2つに分類できます。
間取りや設備については、後で変更することもできますし、工夫次第で対処できる場合もあるでしょう。
しかし、立地や環境については、住んでから変えることはできませんよね。

努力では対処できない事柄も多いため、住まいのロケーションについてご家族と検討を重ねてみることをおすすめします。

□まとめ

今回は注文住宅で決めることの順番をご紹介させていただきました。
ぜひ皆さんも順番をきちんと把握し、楽しい理想の家づくりをしてみてください。
注文住宅について何かお悩みをお持ちでしたら、当社にご連絡ください。

それでは、また

PageTop