注文住宅の照明を選ぶ際のポイントをご紹介します!

こんにちは!
家づくりスマイルサポーター 小林です。

「照明ってどんな種類があるのかな」
「照明選びで失敗しない方法はあるのかな」
そのようなお悩みを持った方も少なくないですよね。
今回は照明の種類と、照明選びで失敗しないためのポイントについて解説します。

越谷市で注文住宅をお考えの方はぜひ参考にしてくださいね。

□照明の種類とは

照明にも沢山の種類がありますが、具体的にどんな種類があるのでしょうか。
ここでは代表的な照明の種類について解説します。

1つ目は、シーリングライトです。
シーリングライトは、一般的によく見る天井に張り付いたタイプの照明のことを指します。

2つ目は、ダウンタイトです。
ダウンライトとは、天井に埋め込まれたタイプの照明のことを指します。

3つ目は、間接照明です。
間接照明とは、天井や壁に光を反射させることで間接的に室内を照らすタイプの照明のことを指します。

4つ目は、ペンダントライトです。
ペンダントライトとは、天井からぶら下がったタイプの照明を指します。

5つ目は、ブラケットライトです。
ブラケットライトは玄関の照明として人気がある、壁に設置されたタイプの照明を指します。

□注文住宅において照明で失敗しないためのポイントとは

照明を選ぶ際に注意していただきたい点がいくつかあります。
ここでは照明選びで失敗しないためのポイントを部屋ごとにご紹介します。

まずは、リビングの照明選びです。
リビングの照明でよく使用されるのがシーリングライトとダウンライトです。
シーリングライトはリビングの照明として最も使用されており、部屋全体を照らせるため人気です。

また、リビングは来客があった際に案内する部屋でもあるため、すっきりした印象を与えるダウンライトも人気です。
ダウンライトは部屋の一部を明るく照らすという特徴があるため、選択される際には照明の位置に気をつかう必要があります。

次にダイニングの照明選びです。
ダイニングの照明でよく使用されるのがペンダントライトとダウンライトです。
ダイニングの場合は、どの照明にするかも勿論大切なポイントですが、照明をどこに設置するのかがより重要です。
ダイニングテーブルを設置する予定の場所の上に取り付けるためにも事前に家具の配置をある程度考えておくことをおすすめします。

最後はキッチンの照明選びです。
キッチンの照明にはダウンライトを選択される方が多いです。
ダウンライトは部屋の照らしたい部分を照らす照明として効果が高いため、手元を照らす必要のあるキッチンではダウンライトがおすすめです。
また、手元が影になった際にも比較的見やすいように、照明を選ぶ際には明るさにも気を付けると良いでしょう。

□まとめ

今回は照明の種類と注文住宅において照明を失敗しないためのポイントについて解説しました。
当社ではお客様へのトータルサービスを考え、一人一人のニーズに合った新しい技術とノウハウをもって誠心誠意お答えします。
注文住宅をお考えの方は是非一度ご連絡ください。
それでは、また

PageTop