中庭がある注文住宅のメリットとデメリットをご紹介!

こんにちは!
スマイルサポーター 小林です。

「中庭ってどんなメリットがあるのかな」
「中庭があるとデメリットもあるのかな」

そのような悩みを持った方も少なくないですよね。
今回は中庭があるメリットについてと、中庭がある間取りのデメリットとその解決策について解説します。

草加氏で注文住宅をお考えの方はぜひ参考にしてくださいね。

□中庭のある家のメリットとは

中庭があるとどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは中庭がある家のメリットについて解説します。
メリットは大きく3つあります。

1つ目のメリットは、室内が明るいことです。
家を建てる際に室内の明るさは大きなポイントです。
中庭があるとどの部屋にも太陽光を取り入れられることがメリットと言えます。

2つ目のメリットは、楽しめるプライベートな空間を作れることです。
コの字やロの字の中庭ですと近隣の視線も感じずにプライベートな時間を楽しめます。
また、お子さんが外で遊ばれる際にも中庭だと目の届く範囲なので安心ですよね。

3つ目のメリットは、風の通りを確保できることです。
気候が良い季節ですと窓を開けておくだけで風の通りが良いです。
中庭があるとその分窓の数も増えるため、風通りが良くなります。

□中庭のある間取りのデメリットと解決策とは

中庭を作ることはメリットだけではありません。
ここでは中庭のある間取りのデメリットとその解決法について解説します。
中庭を作るデメリットは2つあります。

1つ目のデメリットは、コストがかかることです。
中庭のある家を建てる場合、設計が複雑になりその分コストも上がります。

対策法としては、中庭の形状を選ぶことが挙げられます。
ロの字型が最もコストがかかり、その次がコの字型、最後にL字型の順でコストがかかります。
家の表面積が増えるほどコストがかかりますので、ご自身の予算に合った中庭の形状を選ぶことが大切です。

2つ目のデメリットは、冷暖房の効率が悪いことです。
窓が多くなる分、冷暖房の機能は下がります。

対策としては、窓の種類を選ぶことが挙げられます。
ペアガラスやトリプルガラスを選択すると比較的冷暖房の効率も上がります。
冷暖房の効率が気になる方は一度検討してみることをおすすめします。

□まとめ

今回は中庭のある家のメリットについてと、中庭のある間取りのデメリットとその対策法について解説しました。
当社ではお客様の希望に合わせた住まいを提供しています。
草加氏で注文住宅をお考えの方は是非一度ご連絡ください。

それでは、また

PageTop