注文住宅をご検討中の方必見!スキップフロアのメリットとデメリットとは?

こんにちは!
家づくりスマイルサポーター 小林です。

「スキップフロアってどんな魅力があるのかな」
「スキップフロアのデメリットが知りたい」
そのようなお悩みを持った方も少なくないですよね。
今回は注文住宅でスキップフロアを間取りに入れるメリットとデメリットについて解説します。

川口市で注文住宅をお考えの方はぜひ参考にしてくださいね。

□スキップフロアのメリットとは

近年人気が出てきているスキップフロアですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。
ここではスキップフロアのメリットを3つご紹介します。

1つ目のメリットは、空間を広く使えることです。
スキップフロアへの移動は共有廊下を使用するのではなく、段差を利用します。
そのためスキップフロアを取り入れると移動スペースを減らせ、空間を有効に使えます。
スキップフロアは特に敷地面積が狭い場合におすすめです。

2つ目のメリットは、収納スペースが増えることです。
スキップフロアは本来デッドスペースとなる階段下も収納場所として利用できます。
またスキップフロアの高さの調節次第で大きなものも収納できるスペースを確保できます。

3つ目のメリットは自然光を取り込みやすいことです。
自然光は住まいの設計をする際に重要なポイントの1つです。
スキップフロアを作る際には壁で空間を区切るのではなく、高さの違いで区切るため自然光を取り入れやすいです。

□スキップフロアのデメリットと解決策とは

次にスキップフロアのデメリットについて対策法と一緒に紹介します。
スキップフロアのデメリットは2つあります。

1つ目のデメリットは天井が低いことです。
スキップフロアの下の階の天井は低く、大人が出入りする際には不便と感じる方も少なくありません。
部屋として活用するのではなく、収納として活用されると空間を有効活用できます。

2つ目のデメリットは、空間設計が難しいことです。
事前にスキップフロアの使い方を考えずに、あるとおしゃれだからという理由で間取りを考えて後悔したという事例もあります。
間取り次第では作ったものの結局使わなかったという事態になりかねませんので、スキップフロアを希望される際はしっかり空間設計を行いましょう。

□まとめ

今回はスキップフロアのメリットとデメリットについて解説しました。
当社ではお客様のライフスタイルに合わせた住まいを提供させていただきます。
興味のある方は是非一度ご相談ください。

それでは、また