注文住宅で家事を効率よくするには?収納についてもご紹介!

こんにちは!
家づくりスマイルサポーター 小林です。

「家事室が収納に便利って聞いたけど、そもそも家事室って何かな」
「効率的な間取りにするためのポイントは何かな」
そのような悩みを持った方も多いですよね。
今回は注文住宅の家事室についてと、効率的な間取りの事例について解説します。

川口市で注文住宅をお考えの方はぜひ参考にしてくださいね。

□家事室とは

家事室とはその名の通り家事をするための部屋です。
昔はアイロンやミシンなどの家事をするために活用されましたが、近年では空間を大きくとって洗濯物を干したりアイロンがけをしたりなど洗濯関連の家事をするための部屋として活用されることが多いです。

家事をするための部屋というと主婦のための部屋と思われがちですが、家族全員が快適に暮らすために、あると嬉しい部屋でもあります。
近年では家事をする際にリビングでされることも多いですが、いちいち片づけるのが面倒だったり、掃除道具が散らかったりすることも少なくないですよね。
家事室があると、収納に便利で掃除道具や洗濯物をまとめて片づけられますし、リラックススペースもすっきりするというメリットがあります。
また、家事に必要な道具がまとまっていると家事が楽に行えるというメリットもあります。

□効率的な間取りの事例とは

快適に暮らすためにはどのような間取りにすると良いのでしょうか。
ここではあるご家庭の事例を参考に、効率的な間取りにするためのポイントについて紹介します。

1つ目のポイントは、キッチンとダイニングテーブルを横並びにすることです。
キッチンで料理をしてから運ぶ際や、食べた後の片づけ、食事中に追加で飲み物が必要になった際など何かとキッチンからダイニングテーブルへの移動は多いです。
キッチンとダイニングテーブルを横並びにしておくと移動距離が短くて楽です。

2つ目のポイントは、洗濯物を干すバーを増やすことです。
近年では共働きのご家庭も多いですよね。
仕事に行かれると日中に洗濯物を外に干せず、室内干しをすることも少なくありません。
洗濯物のバーを脱衣所や寝室にも設置することで干せる量が増えるだけでなく、片付けの際にも楽です。

3つ目のポイントは、収納の量です。
玄関やリビング、キッチン、トイレなど物が増えやすい場所の収納量を増やすことで部屋をスッキリ片づけやすいです。

□まとめ

今回は家事室についてとそのメリット、効率的な間取りの事例について解説しました。
当社では家族が安心、快適に暮らせる住まいづくりをお手伝いしています。
興味のある方は是非一度ご相談ください。
それでは、また