注文住宅をご検討の方必見!吹き抜けのメリットとデメリットをご紹介します!

こんにちは!
家づくりスマイルサポーター 小林です。

草加市で注文住宅をご検討の方で、
「吹き抜けの住宅にしようかどうか迷っている」
このようお考えの方は多いのではないでしょうか。
今回は、草加市で注文住宅をお考えの方に向け、注文住宅で吹き抜けを作るメリットとデメリットについてご紹介します。

□注文住宅で吹き抜けを作るメリットをご紹介します!

注文住宅をお考えの際、広々とした空間づくりのために、吹き抜けにしたいという方は少なくないでしょう。
ここでは、吹き抜けにするメリットをご紹介します。

*解放感をつくり出し室内全体が明るくなる

吹き抜けのメリットといえば、やはり解放感を演出できる点がはじめに挙げられます。
吹き抜けがあることによって、1階から2階に視界の抜けが良くなることから、空間に広がりを感じられます。

また、吹き抜けを作る際は、2階の壁に窓を設置します。
つまり、室内に光が入ることで、室内がパッと明るくなります。
南側に住宅が位置している場合でも、吹き抜けを作ることで、部屋を明るくする効果があります。

□吹き抜けのデメリットとその対策をご紹介します!

もちろん、吹き抜けを作る場合は、メリットに加え、デメリットもあります。
しかし、諦めるのはまだ早いです。
デメリットに対しては、対策も十分にできるということを理解していただきたいです。

*寒暖差を感じやすい

吹き抜けのデメリットは、外の部分と接触する外壁が多い分、寒暖差を感じやすいという点が挙げられます。
夏は暑さ、冬は寒さが伝わりやすいといった点が懸念されます。

しかし、このデメリットは対策をおこなうことでカバーできます。

*デメリットの対策は「断熱性」を高めること

現在は、住宅技術がかなり高まっているため、住宅の断熱性を高めることによって寒暖差にも対応できます。
たとえば、壁や屋根に断熱材を入れ、断熱サッシを使用することで、暑さ寒さ対策が可能です。

そのため、デメリットが気になる際は、断熱性を高めることでカバーできるということを理解しておくと良いでしょう。
他にも、デメリットにはそれぞれ対策があるため、気になる点があればお気軽にご相談ください。

□まとめ

今回は、草加市で注文住宅をお考えの方に向け、注文住宅で吹き抜けを作るメリットをご紹介しました。
また、デメリットについてもご紹介しました。
吹き抜けの住宅にしようか迷っている方は、ぜひ参考にしていただけると幸いです。
その他ご質問等ありましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。

それでは、また

PageTop