注文住宅をお考えの方へ!高断熱住宅のメリットとデメリットをご紹介します!

こんにちは!
家づくりスマイルサポーター 小林です。

草加市で注文住宅をお考えの方で、
「高断熱住宅にしようかどうか迷っている」
このようにお悩みの方は多いのではないでしょうか。
今回は、草加市で注文住宅をお考えの方に向け、高断熱にするメリットをご紹介します。
また、高断熱にするデメリットもご紹介します。

□注文住宅を高断熱にするメリットをご紹介!

高断熱の住宅とは、内壁や外壁などの間に断熱材を入れ、外気の影響を受けないようにするつくりのことです。
高断熱住宅をお考えの際は、いくつかのポイントを押さえておきましょう。

*環境にも家計にも優しい

高断熱にすることで、外気の寒暖差の影響を受けにくいです。
そのため、室内の気温を快適に保てます。
暖房やストーブなどでリビングは暖かくしても、廊下は寒いということがないところが最大のメリットといっても良いでしょう。

また、高断熱にすることにより室内の温度を一定に保てることから、光熱費の節約ができます。
長い間生活をしていく場所になるという点からも、家計に優しいという点は非常に魅力的です。

*熱中症の予防にも

日本の夏の暑さは、年々厳しくなっています。
室内でも、夏場に熱中症にかかるといったケースも多いです。

高断熱住宅にすることで、外気の影響を和らげ、室温の上昇を抑えられます。
つまり、室内にいながら熱中症になるリスクを下げられるのです。
とくに、幼いお子さんやご高齢の方がいらっしゃる場合、高断熱の住宅にすることで、より安心して暮らせます。
これらの点以外にも、高断熱住宅には、防音効果を高める、ヒートショックを防げるなど、さまざまなメリットがあるため、非常におすすめの性能です。

□注文住宅を高断熱にするデメリットをご紹介します!

*高断熱住宅で注意すべきポイント

高断熱住宅には、メリットに加え、デメリットもあることを押さえておきましょう。
まず、高断熱の住宅にすることで、解放感を感じにくくなるという点があります。
断熱性を高めるために、窓を小さくすることを求められる可能性があります。
そのため、自然光が入りにくくなるというデメリットがあります。

しかし、この問題は断熱性の高い大きめの窓ガラスやサッシを設置することで解決できます。
より断熱効果を高めるためにも、この方法を検討してみても良いでしょう。

□まとめ

今回は、草加市で注文住宅を考えの方に向け、注文住宅を高断熱にするメリットとデメリットについてご紹介しました。
ご紹介した点を踏まえ、ご検討いただく際に参考にしていただければ幸いです。
その他ご質問や気になる点がありましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。

それでは、また

PageTop