« 2021年04月
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
2021年04月16日

注文住宅の内装のポイントについて!工務店が解説します!

こんにちは!
家づくりスマイルサポーター 小林です。
syatyousyasin.bmp

越谷市に注文住宅の購入を検討している方の中で、内装の設計に悩んでいる方はいらっしゃいませんか。
内装は生活のしやすさに直結するため、うまく設計したいですよね。
そこで今回は、内装を決める際のポイントを解説します。
ぜひ参考にしてください。

□内装の決め方を押さえよう!

内装を決めるといっても、実際に何から決めたら良いか分からないですよね。
そこでこの章では、内装を決める際の流れを3つに分けて紹介します。

内装を設計する際にまず決めてほしいのが、内装デザインです。
「和モダン」、「北欧スタイル」といったデザインの方向性を定めることで、その後の決定事項がスムーズに進みます。
自分の好みのデザインが分からないという方は、住宅展示場やすでに建築済みの住宅の事例を見てみると、イメージが湧きやすくなるでしょう。

内装デザインの方向性が決まったら、次はこだわりたいポイントの優先順位をつけましょう。
こだわりポイントは人によって異なるため、家族でしっかりと話し合ってください。
決めた予算内で納得のいく家づくりをするためには、求める条件に優先順位をつけることが大切です。

こだわりポイントが決まったら、コーディネーターとの打ち合わせを経て内装を最終決定します。
注文住宅の仕様を決める際は、インテリアコーディネーターと打ち合わせするのが一般的です。
空間演出のプロからアドバイスをもらった上で、ご自身の希望と照らし合わせて内装を決定すると、満足度の高い空間に仕上がるでしょう。

□内装でこだわりたいポイント!

前の章で、こだわりポイントに優先順位を決めることの重要性を紹介しました。
しかし、何を優先したら良いか分からないという方もいると思います。
そこでこの章では、内装を決める上でこだわった方が良いポイント2つ紹介します。

まず1つ目は、配色についてです。
配色を考える際は、ベースカラー、メインカラー、アクセントカラーの3つをきちんと理解しましょう。

まずベースカラーは、床や天井に使用して部屋の印象を決める色であり、メインカラーを引き立たせる役割があります。
次にメインカラーは、ソファーやカーテンに用いられ、その空間の主役となる色です。
そしてアクセントカラーはインテリアのポイントとなる色で、空間を引き締める効果があります。

この3つの配色がうまくいけば一気に内装が美しくなるため、ぜひこだわってもらいたいポイントです。

次に2つ目は、材質です。
家を建てるために用いる素材を全て同じ素材で揃えるのではなく、さまざまな材質を室内にちりばめることで室内に奥行きが生まれます。

またそれぞれの素材が持っている効果を知り、自分の好みに合わせて組み合わせるのも良いでしょう。
例えば木材は自然素材で暖かみがあり、リラックス効果をもたらします。
そこにプラスチック素材を加えれば、その空間を柔らかみのあるポップな雰囲気に仕上げられます。
内装をどのような材質で仕上げるかにも、ぜひこだわってみてください。

□まとめ

今回は内装の決め方や決める上でのポイントについて紹介しました。
決める順番やポイントをきちんと押さえると、必ず納得のいく内装に仕上がります。
注文住宅に関して、何か気になることがあればいつでも当社へお問い合わせください。
それでは、また

2021年04月12日

注文住宅をお考えの方へ!家づくりに失敗しないための注意点を解説します!

こんにちは!
家づくりサポーターの小林です。
syatyousyasin.bmp

注文住宅の購入は多くの方にとって大きな買い物となるため、なるべく失敗は避けたいですよね。
そこで今回は、家づくりで失敗しないための注意点を紹介します。
草加市にお住まいの方で、注文住宅の購入を検討している方はぜひ最後までご覧ください。

□注文住宅でよくある失敗例を一挙紹介!

家づくりの失敗を防ぐには、実際に発生した失敗事例を把握し、その部分を重点的に対策することが重要です。
そこで今回は、多くの方が経験した代表的な失敗事例を3つ紹介します。

*収納スペースの失敗!

収納でよくある失敗の原因は、スペースを広く取り過ぎてしまい、使い勝手が悪くなることです。
特に収納の奥行きが広過ぎるのは良くないです。
奥の物が取り出しにくいため、日々のストレスになってしまうでしょう。
収納スペースの間取りミスを防ぐためには、あらかじめ何を収納するのかを想定して設計することが大切です。

*間取りの失敗!

間取りの失敗でよくあるのが、生活動線を意識せずに間取りを決めてしまうケースです。
例えば自分の寝室とお風呂やトイレが近い場合、家族の生活音が気になって寝つけなくなってしまいます。
また、ゲストを招いた場合の動線もあらかじめシミュレーションしておきましょう。
プライベートの空間を見せないように間取りを設計するのがポイントです。

*イメージの違いで失敗!

自分が想像していた家と、実際にできあがった家の違いに嘆く方も多くいます。
この失敗が発生するのは、イメージが十分に共有されておらず、設計士との間に認識のずれがあるからです。
特に視覚的なイメージは言葉ではなかなか伝わりません。
現在はコンピューターグラフィックスを採用している設計事務所も多いため、積極的に活用して視覚的な共通認識を図りましょう。

□家づくりに失敗しないための注意点!

この章では、家づくりで失敗しないために押さえてほしいポイントを3つ紹介します。

まず1つ目は、注文住宅に関する知識を入れておくことです。
注文住宅を建てる際は、決断をする機会が多く発生します。
そのときに業者の判断に委ねてしまうと、生活を始めてから後悔するかもしれません。
本やインターネットで基本的な勉強をした上で、業者に助言を求める方が良いでしょう。

次に2つ目が、自分の家を建てる前に、実際の家を多く見ておくことです。
間取りや写真だけでなく、実際の家を間近で見ておくことで、完成のイメージが湧きやすくなります。
モデルルームに足を運ぶと、気になった点やこだわりのポイントを設計者に直接尋ねられるため、おすすめです。
また、最近身近に家を建てた人がいれば、その方の家を訪ねて、話を聞くのも有効な手段でしょう。

最後に3つ目は、納得するまで質問や相談をすることです。
業者との打ち合わせは、納得できるまで行いましょう。
やりとりを重ねてイメージを共有できれば、完成後の後悔を防ぎやすくなります。
「なんとなく」や「おまかせ」をできるだけ避けて詳細に話を進めていくことが、良い家を建てるために重要です。

□まとめ

今回は家づくりの失敗例やつくる際の注意点を紹介しました。
失敗するパターンは共通しているため、あらかじめ対策していれば必ず失敗を防げます。
今回の記事を参考にして、楽しい家づくりをしてください。
それでは、また

2021年04月08日

新築の購入をご検討している方へ!注文住宅のメリットを紹介します!

こんにちは!
家づくりスマイルサポーター 小林です。
syatyousyasin.bmp

「家を建てる機会は人生に一度しかないから、理想に近い空間をつくりたい」
このようにお考えの方におすすめなのが、注文住宅です。
今回は注文住宅を建てるメリットを紹介します。
越谷市に新築を建てようとお考えの方はぜひ参考にしてください。

□注文住宅にも2種類ある?フルオーダーとセミオーダーの違いについて紹介します!

注文住宅を理解するうえで、大きくフルオーダーとセミオーダーの2種類があることを押さえる必要があります。

まずフルオーダー住宅は、完全にゼロベースからプランを練る注文住宅です。
間取りや設備はもちろん、使う材質から断熱材の種類まで全て購入者が指定してプランを作成します。
自由度が高い分、情報収集や決定事項の手続きに手間や時間がかかる特徴があります。

一方でセミオーダー住宅は、設備や建材、外壁材の基本的な仕様は決まっており、その中から種類やグレードを決定していく注文住宅です。
注文住宅と聞いて多くの方が想像するのは、このセミオーダー住宅です。
自由度は劣るものの、特殊な希望がない限りはセミオーダーでも十分思い通りに家を建てられるでしょう。

□注文住宅のメリットを押さえよう!

注文住宅を購入するメリットはたくさんありますが、今回はその中でも代表的な3つを紹介します。

*理想の空間に近づけられる自由度の高さ!

自分たちの要望を叶えられるのが、やはり注文住宅の一番の魅力です。
ライフスタイルは家庭にとって異なるため、建売住宅となるとどうしても妥協が必要な場面が出てきます。
しかし注文住宅は設計から携わることになるため、こだわりポイントをふんだんに詰め込めます。
家族全員で話し合うことで、みんなが満足できる家を建てられるのも注文住宅の強みです。

*予算調整が可能に!

満足度の高い家づくりをするためには、予算内に費用を抑えられるかどうかが重要ですよね。
注文住宅では、費用をかけてこだわる部分とシンプルにして値段を抑える部分を、自分たちで調整できます。
効率的に予算を配分できれば、予算内でも納得できる家に仕上げられるでしょう。

*建築途中でもマイホームをチェックできる!

家を購入してから完成までは一定の期間がかかるため、工事の進み具合が気になりますよね。
そんなとき、注文住宅だと建築途中のマイホームをチェックできます。
さらにもし工事が始まってから変更したい点が見つかった場合、施工会社とうまく話が合えば、改良を加えられます。

また、通勤前に建築途中のマイホームを見て将来の生活をイメージすると、気分が高まり活力が湧いてくるのでおすすめです。

□まとめ

今回は注文住宅のオーダーの違いや購入するメリットについて紹介しました。
注文住宅には今回紹介した以外にも優れたところが多くあります。
気になる方はぜひ当社へご相談ください。
それでは、また

2021年04月04日

注文住宅をお考えの方へ!業者の選び方を解説します!

こんにちは!
家づくりスマイルサポーター 小林です。
syatyousyasin.bmp

川口市で注文住宅を購入しようとお考えの方で、業者選びに悩んでいる方はいらっしゃいませんか。
せっかく家を建てるのだから、信頼できる業者に頼みたいですよね。
そこで今回は、業者の選び方のポイントについて解説します。

□業者選びの際に良くある失敗とは?

施工を依頼する業者を上手く選ぶためには、良くある失敗を避けることが大切です。

まず、知名度優先で選ぶのは避けましょう。
テレビや雑誌で良く見る企業は、無名の工務店に比べて多額の広告宣伝費がかかっています。
そのため、かかっている広告費の一部を建築費に上乗せすることになり、結果として注文者側が余分の費用を払う必要が出てきます。
工法やアフターフォローといった条件を比較検討した上で選ぶ分には構いませんが、「有名だから安心できるだろう」という理由だけで選んでしまうと、費用面で後悔する場合があるので気をつけましょう。

また、知り合いの紹介で選ぶのも危険です。
知り合いのおすすめなら大丈夫、と思われがちですが、住宅に対するこだわりは人によって大きく異なります。
さらに、「紹介者の顔を潰してはいけない」という気持ちが働き、要件を伝えられないケースも発生します。
満足度の高い家づくりをするために、自由に意見や希望が伝えられる業者を選びましょう。

□業者を選ぶ際のポイントを押さえよう!

この章では、業者を選ぶ際のポイントを2つ紹介します。

*こだわりを実現してくれる業者を選ぼう!

納得できる家づくりをするためには、自分の理想を叶えてくれる業者を選ぶ必要があります。
なぜなら業者によって得意な工法や注文範囲に違いがあり、全ての要望が通るとは限らないからです。
そのため業者を選ぶ際は、ホームページを見たりモデルルームの見学に行ったりして、自分のこだわりが実現しそうな住宅を建てる業者かどうか見極めましょう。

*丁寧に打ち合わせをしてくれる業者を選ぼう!

理想の家を建てるために、注文者と業者の意見を共有する打ち合わせが非常に大切です。
業者の中にはイラスト入りの分かりやすい資料を作成してくれたり、依頼内容のチェックリストを作ってくれたりする業者もあります。
それぞれの家庭にきちんと寄り添ってくれる業者かどうかを確認しましょう。

□まとめ

今回は業者選びに良くある失敗例や選ぶ際のポイントについて紹介しました。
信頼できる業者を選ぶことは、家づくりをする上で欠かせません。
業者選びに悩んでいる方は、この記事をぜひ参考にしてください。
それでは、また。

2021年03月31日

注文住宅の購入をご検討中の方へ!バルコニーについて紹介します!

こんにちは!
家づくりスマイルサポーター 小林です。
syatyousyasin.bmp

「住居部分だけでなく、建物の外側も充実させたい。」
このようにお考えの方に向けてバルコニーの設置を提案します。
今回は、日本の住居にはあまり見られないバルコニーを紹介します。
川口市で注文住宅の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

□バルコニーとは?ベランダとどう異なる?

バルコニーは建物の室外に張り出したスペースで、屋根がなく手すりがある空間を指します。
2階以上に設置されることが多く、開放的で見晴らしの良さがバルコニーの特徴です。

バルコニーとベランダの違いは、屋根があるかどうかです。
バルコニーはひさしや軒下の範囲内に収める必要がないため、ベランダより面積が広くなる傾向にあります。

今住んでいる家のベランダでは少し物足りないと感じる方は、ぜひバルコニーを検討してみてください。

□バルコニーの使用例を紹介!

この章では、バルコニーの使用例を3つ紹介します。
新築の注文住宅での生活を想像しながら、確認してください。

まず1つ目は、洗濯物を干すスペースとしての使用です。
屋根がなく広いスペースを確保できるため、一度にたくさんの洗濯物を乾かせます。
布団やシーツのように室内で干すのが難しい物でも、バルコニーさえあれば余裕を持って干せます。
人数の多いご家庭や、スムーズに家事をこなしたい方に最適のスペースでしょう。

次に2つ目は、BBQやアウトドアを楽しむための使用です。
バルコニーがあれば、近隣に迷惑をかけることなく、自分の敷地内で気軽にBBQや運動を楽しめます。
さらに部屋とつながっており、準備や片付けもスムーズに進められるのもバルコニーの特徴です。

またスペースと日当たりの良さを生かして、家庭菜園やガーデニングを楽しむ方もいます。
育てた野菜をBBQで楽しむという素敵な食事もバルコニーがあれば可能です。

最後に3つ目は、ソファやテーブルを置いてくつろぐための使用です。
開放感があり、眺めの良いバルコニーは、リラックス空間として絶大な力を発揮します。
時間帯や季節に応じて、移ろいゆく自然の変化を楽しむのも良いですね。
プライバシーを確保しながら気分転換できるため、室内で黙々と仕事や作業をする方にもおすすめです。

□まとめ

今回はバルコニーとベランダの違いやバルコニーの使用例について紹介しました。
バルコニーを設置することで、より快適な暮らしにつながるでしょう。
興味を持った方は、ぜひ検討してみてください。
それでは、また

2021年03月28日

注文住宅の土地選びのポイントについて!工務店が解説します!

こんにちは!
家づくりサポーター 小林です。
syatyousyasin.bmp

越谷市に注文住宅を建てようとお考えの方の中で、土地選びに悩んでいる方はいらっしゃいませんか。
土地選びの重要性は理解しているけど、どうやって決めればいいか分からない方もいると思います。
そこで今回は、土地選びのポイントを紹介します。

□注文住宅の土地の選び方を知ろう!

土地探しは土地や建物に関する手続きと並行しながら行う必要があるため、正しい探し方をしないと効率が悪くなってしまいます。
そこでこの章では、土地探しの流れを3つのステップに分けて紹介します。

1つ目のステップは、エリアの決定です。
通勤や通学のしやすさや、治安の良さといった条件をもとに自分が住みたいエリアを決定してください。
そうすることで、スムーズに土地探しを不動産会社へ依頼できます。

2つ目のステップは、資金計画を定めることです。
実際に土地を探し始める前に、土地に充てる予算を決定しましょう。
漠然とした予算で土地を探してしまうと、土地購入費が全体の予算を圧迫する場合がよくあります。
予算内で注文住宅を完成させるために、この段階で土地の費用を決定しておきましょう。

3つ目のステップは、不動産会社と土地探しです。
エリアや土地購入費を決定したら、その条件とともに不動産会社へ土地探しを依頼してください。
良い土地はすぐに売れてしまうため、素早い連携が取れるように工夫しましょう。
またすべてを不動産会社に丸投げするのではなく、自分自身も一緒に土地を探すことで、納得のいく土地選びができます。

□良い土地の条件を知ろう!

不動産業者に土地を提案してもらう際に、自分の中で判断基準を設けておく必要があります。
そこでこの章では、良い土地の条件について3つ紹介します。

まず1つ目は、地盤が丈夫であることです。
日本は地震の多い国であるため、この条件は必ず押さえてください。
もし地盤が脆弱な土地を選んでしまうと、すぐに追加工事で費用がかかります。
また過去に地盤沈下や液状化現象が起きた土地もなるべく避けた方が良いでしょう。

次に2つ目は、災害に強い土地を選ぶことです。
土地を選ぶ際は地震だけではなく、台風や大雨による河川の氾濫といった天災を防げるかどうかにも気をつける必要があります。
過去の災害時の情報を遡って確認したり、国土交通省のハザードマップをチェックしたりして、その土地の安全性を調べるのが有効な手段でしょう。

最後に3つ目は、住環境が充実していることです。
土地を選ぶ際は、その周りの環境が非常に重要です。
日当たりの良さや交通アクセスの便利さを必ず確認しましょう。
自分たちのライフプランに合う施設が身近にある土地を選ぶことで、良い暮らしを実現できます。

□まとめ

今回は土地選びの流れや良い土地の条件について紹介しました。
注文住宅を購入する際は決定事項が多いため、きちんと情報を整理しておきましょう。
もし不明点があれば、いつでも当社へお問い合わせください。
それでは、また

2021年03月27日

注文住宅をご検討中の方へ!契約する際の注意点をご紹介!

こんにちは!
家づくりスマイルサポーター 小林です。
syatyousyasin.bmp

注文住宅は大きな買い物であるため、慎重に計画を進める必要があります。
その上で、契約について疑問を感じたり、悩みがあったりする方も少なくないでしょう。
そこで今回は、越谷市で注文住宅をご検討中の方へ向けて、契約する際の注意点をご紹介します。

□契約で押さえておきたい注意点とは?

ここでは、契約で押さえておきたい5つの注意点をご紹介します。

1つ目は、焦らないことです。
注文住宅では、工事請負契約書を通して約束事を交わします。
内容が多くて面倒くさいと感じることがあるかもしれませんが、その内容をしっかりと確認してから契約を結びましょう。

2つ目は、工事場所と工事期間を確認することです。
注文住宅の建設工事は、契約を結んですぐに始まるとは限りません。
引越しのタイミングを決めるためにも、引き渡しがいつ頃になるのかしっかりと確認しておきましょう。

3つ目は、支払いの時期や方法を確認することです。
支払い時期や支払い方法は業者によって異なる場合もあるため、支払い時のトラブルを防ぐために前もって確認しておくことが重要です。

4つ目は、見積書に金額が詳細に記載されているかの確認です。
見積書は業者によって、「一括」または「一式」と記載されています。
詳細をしっかりと把握しておきたいとお考えの方は、事前に具体的な金額を問い合わせましょう。

5つ目は、契約約款の確認です。
契約約款には、工事で問題が生じた際にどのように対処をするのか記載されています。
どのような保証が設けられているのか確認しておきましょう。

□契約前にやっておきたいことは?

ここからは、契約前にやっておきたいポイントを「仮契約前」と「本契約前」の2つに分けてご紹介します。

*仮契約前

仮契約前にやっておきたい4つのポイントは以下の通りです。

・土地の敷地調査に基づいた見積もりを確認する
・見積もりは、本体工事と諸費用を合わせた「総額」で提案してもらう
・間取りはほとんど確定の状態まで計画を進行させておく
・仕様と設備のグレードをほとんど確定の状態にしておく

*本契約前

本契約前にやっておきたい4つのポイントは以下の通りです。

・最終見積もりを取る前に地盤調査を行う
・設備や仕様を全て確定できない場合は、大きな設備や仕様だけでも確定させる
・間取りや窓の位置は完全に確定させる
・外構と家をセットで考え予算を確保する

□まとめ

今回の記事では、契約を結ぶ際の注意点をご紹介しました。
家族みんなが快適な日常を送るための家であるため、慎重に進めましょう。
越谷市で注文住宅をお考えの際は、お気軽に当社までお問い合わせください。
それでは、また 

2021年03月24日

注文住宅をお考えの方必見!付帯工事費について専門業者が解説します!

こんにちは!
家づくりスマイルサポーター 小林です。
syatyousyasin.bmp

川口市にお住まいの方で「注文住宅を購入するときの付帯工事費ってなに」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
名前を聞いただけだと、ピンとこない方はたくさんいらっしゃると思います。
そこで今回は、付帯工事費について解説します。

□付帯工事費とは?

では、そもそも付帯工事費とはどのようなものなのでしょうか。
付帯工事費とは、建物本体以外の工事に掛かる費用全てを指します。
既存の建物の解体工事や、地盤改良工事、電気やガス、水道の引き込み工事、外構工事などです。
住宅を建てようとしても、その土地に別の建物が建っていれば、新たな建設作業には移れないですし、地盤が緩んでいては安全性が心配ですよね。

また、建物を建設できても、生活に不可欠なライフラインがなければ生活は困難です。
このように、住宅を建てると言っても、その他周りの工事も必要となってくるのです。
したがって、付帯工事とは建物の建設以外に必要な工事を指し、その工事に掛かる費用を付帯工事費と言います。

□付帯工事費にはどんなものがある?

先ほども少しだけ紹介しましたが、具体的に付帯工事費にはどのようなものが存在するのでしょうか。
ここからは、付帯工事費にはどんなものがあるのか、具体例をご紹介します。

まずは、地盤改良工事です。
地盤改良工事とは、建物を建てる前にその土地の地盤を調査し、その結果地盤が軟弱だと判断された場合に、地盤の強度を上げるために行われる工事です。
この工事で、せっかく建てた住宅が傾くのを防ぎます。
工事の方法はいろいろあるため、価格に関しては工法や敷地面積によって異なるでしょう。

次に紹介するのは、解体や伐採工事です。
密集地で解体作業を行う際は、大きな音やほこりが出て周囲に迷惑が掛かる可能性が高いため、防音シートや養生が必要です。
また、大きな植物や塀、井戸や物置なども不要であれば伐採や撤去をする必要があります。

最後に紹介するのは、ライフラインの引き込み工事です。
上下水道管やガス管などを引かないと生活できません。
これらの工事の中には、テレビやインターネットなどの現代社会で必須である通信回線の工事も含まれます。

□まとめ

今回の記事では、川口市で注文住宅をお考えの方へ向けて、付帯工事費について解説しました。
付帯工事費とは、建物本体以外に掛かる費用のことです。
早い段階から付帯工事費について考えておかなければ、予算が足りなくなり、理想の住まいを実現できなくなる可能性もあるため注意しましょう。
それでは、また

2021年03月20日

注文住宅で断熱についてお悩みの方へ!工務業者が解説します

こんにちは!
家づくりスマイルサポーター 小林です。
syatyousyasin.bmp

「快適に過ごせる家にするには何が重要なのか知りたい」
草加市で注文住宅をお考えの方で、このような疑問をお持ちの方はいませんか。
快適な住まいを建てるには、断熱性が非常に重要です。
そこで今回は、断熱材の役割、断熱工法の種類、断熱性能を向上させるポイントをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□断熱工法の種類をご紹介!

ここでは、断熱材の役割と断熱工法の種類をご紹介します。

*断熱材の役割

断熱材の役割は、「住まいの快適さを保つ」ことです。
冬の厳しい寒さや、夏の厳しい暑さが室内に伝わるのを防ぐために、断熱材は重要な役割を担っています。
しかしながら、性能の良い断熱材を多く使うことで、必ずしも断熱性能が向上するわけではありません。
断熱性能を高めたいと考えている場合は、間取りの工夫もすると良いでしょう。

*断熱工法の種類

1つ目は、内断熱です。
内断熱は比較的施工しやすい工法で、98%以上の住宅が内断熱工法を採用しています。
また、一定の広さであれば適温にしやすいのが特徴でしょう。

2つ目は、外断熱です。
外断熱は、壁の外側や屋根で断熱する特殊な工法であるため、施工に手間がかかります。
しかし、外断熱は躯体部分の結露を防げたり、小屋裏や床下も室内と同じように利用したりできるメリットがあります。

□断熱性能を向上させるには?

ここからは、断熱性能を向上させるためのポイントをご紹介します。

断熱性を向上させるために大事なポイントは「窓」です。
窓は薄いことから、外気の影響を受けやすいという特徴を持っています。
また、性能の低い窓を設置すると室内の熱量が外に逃げやすくなります。
そのため、まずは窓の断熱性の向上を目指すと良いでしょう。

窓の断熱性能を上げるには、サッシを改良するのが効果的です。
アルミ製は熱が伝わりやすいため、どうしても断熱性能が低下してしまいます。
そこで、サッシをアルミ樹脂複合サッシにするのがおすすめです。

また、ガラスの性能を上げるのも方法の一つでしょう。
2枚重ねのガラスを採用することで、断熱性能の向上が期待できます。
さらに最近では、より性能の良い3枚重ねのガラスもあるため、ぜひ検討してみてください。

□まとめ

今回は、草加市で注文住宅をお考えの方に向けて、断熱についてご紹介しました。
家族みんなが快適な日常を送るには、住宅や土地に合った断熱材・断熱工法を選ぶ必要があります。
断熱についてお困りの際は、ぜひお気軽に当社までご相談ください。
それでは、また

2021年03月16日

注文住宅をお考えの方へ!打ち合わせの際のコツを紹介します!

こんにちは!
家づくりスマイルサポーター 小林です。
syatyousyasin.bmp

草加市で注文住宅を検討中の方はいらっしゃいませんか。
注文住宅の購入には、打ち合わせが欠かせません。
実は、打ち合わせにもコツがあるのを皆さんご存知でしょうか。
そこで今回は、注文住宅を購入する際の打ち合わせのコツを紹介しましょう。

□打ち合わせのタイミングや重要性について解説!

注文住宅を購入する上で、打ち合わせは大変重要になってきます。
では普通、打ち合わせはどのタイミングで行われるのでしょうか。
正直なところ、打ち合わせのタイミングは業者によってさまざまです。

例えば、依頼した業者が工務店の場合は、請負契約をする前と後のどちらかで行うのが一般的です。
請負契約をする前の打ち合わせでは、住宅の設計についての詳細や仕様などについての話し合いを重ね、それに対する工事費に納得がいけば請負契約を結びます。

一方で、請負契約後に打ち合わせをする場合は、詳細や仕様についての打ち合わせは契約前に行いません。
そのため、提案する標準仕様を基準に軽く打ち合わせをし、請負契約後に詳細や仕様について打ち合わせをするというのが一般的な流れになります。
このように、具体的な打ち合わせのタイミングは業者によって異なるため、事前にどのような流れで進めるのかを確認しておきましょう。

そして、打ち合わせの失敗は家づくりの失敗に繋がります。
自分の要望がうまく業者に通っておらず、認識のズレが生じてしまう可能性もあります。
ただし、このトラブルは打ち合わせ段階で生じるものであるため、打ち合わせをしっかりとしていれば防げます。
そのため、家づくりを失敗しないためにも、打ち合わせはしっかりと行いましょう。

□打ち合わせで気をつけることとは?

大変重要な打ち合わせで失敗したくはないですよね。
打ち合わせで失敗しないためにも気をつけていただきたいポイントがあります。

注文住宅を購入する上で、予算の上限はあらかじめ決めておくようにしましょう。
注文住宅の打ち合わせでは決めることも多く、さまざまなグレードの設備や資材から検討をすることになります。

すると、標準装備だけでは満足しなくなり、「どんどんグレードを上げてしまう」なんて可能性も大いにあります。
こだわりすぎは予算オーバーに繋がってしまい、頭を抱えることになりかねません。
そのため、まずは予算オーバーを防ぐためにしっかりと上限を決めておくようにしましょう。

また、打ち合わせの途中に感じた不安や疑問点はそのままにせず、必ず確認するようにしてください。
工事が始まってからの変更は、追加料金が必要になる場合があります。
最悪の場合、工事自体が止まる可能性もあるので、必ず疑問点や不安な点は打ち合わせの段階で解決しておきましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅を購入する際の打ち合わせのコツを紹介しました。
せっかく注文住宅で理想のマイホームを購入するのであれば、失敗は絶対にしたくないですよね。
自分の理想通りのマイホームを建てるためにも、必ず打ち合わせは手を抜かずに行いましょう。
それでは、また

有限会社小林創建
(ナチュラルスペース)

小林 治

スタッフ小林 学
高校・専門と建築の学校を卒業し
大工職人として16年
技術・資格・経験を活かし
家族のライフスタイルに合った
オンリーワンの住まいづくりをご提案