980万円お得なゼロエネ住宅

ZEH-003s.jpg
より快適に過ごせて、光熱費が0円になったらお得だと思いませんか?
ゼロエネルギー住宅の基本的な考え方は、断熱性能を上げて、冷暖房費を少なくする。
高効率のエコキュートや、節水機能の付いたキッチン等を使い、給湯エネルギーを少なくする。
そのうえで、太陽光発電を、自家電気使用量以上に発電するだけの量を搭載すること。
また、HEMS(使用電力の見える化)を採用することにより、家族でエコ意識を高めていくこと。
以上が、ゼロエネ住宅の基本的な考え方になります。

ZEH-004s.jpg
ゼロエネ住宅のメリットの一つとして、光熱費の削減があげられます。

新省エネルギー住宅(一般的な住宅)の平均的な年間光熱費が271,000円(水道代除く)として考えてみます。次世代省エネルギー住宅(長期優良住宅仕様の住宅)の年間光熱費が239,000円。年間の差額は32,000円となり、住宅ローンを返し終わるまでで考えると、35年×32,000円=1,120,000円お得なことが分かります。さらにその上を行くゼロエネルギー住宅は年間光熱費136,000円。太陽光発電4KWでその光熱費も相殺することで、光熱費の収支が年間+9,000円となります。

一般的な住宅とゼロエネルギー住宅の光熱費の差額を計算してみましょう。

吸音性があります 一般的な住宅271,000円-(ゼロエネ住宅-9,000円)=280,000円×35年=9,800,000円

35年の長いスパンで考えると、とても大きな金額になることが分かります。

ZEH-006s.jpg

近畿大学の岩前教授の研究結果によると、健康に関する影響が、住宅の断熱性能により大きな差が出ているようです。特に、手足の冷えや、気管支喘息・アトピー・アレルギー等を引き起こす大きな要因となっているということです。断熱で、地球と人にやさしい住まいづくり。それがこれからの住まいの課題と言えるでしょう。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント